房総フラワーライン 遊び・観光

房総フラワーライン

投稿日:

房総フラワーライン

館山市下町交差点から南房総市和田町までを結び南房総の海岸線沿いに46kmにわたるシーサイドラインが房総フラワーライン。このうち、第1フラワーラインは、館山市館山の下町交差点から相浜(あいのはま)交差点までの千葉県道257号(南安房公園線)で、このうち館山市伊戸〜相浜間の6.6kmは、「日本の道100選」にも選ばれています。

春には菜の花が道の両側を埋め、季節に合わせた花々が咲き乱れます。
1月から春にかけては菜の花やポピー夏にはマリーゴールドと、季節の花々が道沿いを彩ります。

早春・1月~2月下旬(菜の花)

房総半島最西南端の約6kmの浜が弓なりに続く沿線では、海と菜の花のコントラストが美しく、一足早い春の訪れが感じられます。

第1フラワーラインは、かつては南房州有料道路という千葉県が管理する有料道路でした(昭和41年4月1日に供用開始)。道の駅南房パラダイスがドライブ途中の休憩スポットになっているほか、ポピーの里 館山ファミリーパークでは花摘みも楽しむことができます。

第1フラワーラインの伊戸〜相浜間の平砂浦海岸沿いには、冬から春にかけては菜の花やノースポール、夏にはマリーゴールドと、季節の花々が沿道を飾り、毎年1月下旬の日曜には『館山若潮マラソン』も開催されています。

また、平砂浦海岸は、海岸と第1フラワーラインとの間には冬季の強い南西の風を防ぐためのクロマツ林が植林されています。砂防用の松林と砂浜の美しさから、平砂浦海岸は「白砂青松100選」に選ばれ「平砂浦海岸遊歩道」も整備されています。
相浜以東の区間が第2フラワーラインで、国道410号、南房総市道、千葉県道297号(和田丸山線)と海岸沿いに走ります。

日本の道百選

また、伊戸から相浜までの約6Kmは昭和61年9月3日に「日本の道百選」にも認定されました。このフラワーラインは美しい砂浜の平砂浦海岸沿いにありますが、海岸と道の間には冬季の強い南西の風を防ぐためのクロマツ林が広がっています。この砂防用の松林と砂浜の美しさから、平砂浦海岸は「白砂青松 100選」に選ばれ「平砂浦海岸遊歩道」も整備されています。

そのほかフラワーライン周辺には、洲埼灯台、館山ファミリーパークや南房パラダイス、ゴルフ場や館山野鳥の森、安房神社などの観光ポイントが数多くあります。
空気の澄んだ日には富士山や大島・利島などの伊豆諸島を見ながらのドライブが楽しめます。

「日本の道100選」 建設省 昭和61年9月3日認定

「日本の道100選」 建設省 昭和61年9月3日認定

「日本の道100選」は、「道の日」制定(61年度)を記念し、日本の特色ある優れた道路を選定、顕彰することによって、道路の意義・重要性について国民の皆さまに関心をもっていただくため、建設省と「道の日」実行委員会が主催して選定したものです。
昭和61年度には「歴史性」と「親愛性」を、また昭和62年度には「美観性」と「機動性」を選定の対象とし、都道府県の推薦と「日本の道100選」選定委員会の選定により設定された日本を代表する道路です。(全104路線。61年度・62年度選定後、新たな選定等は行っておりません。)
選定道路の存在する都道府県に対しては、顕彰プレートが交付され、これらの道路沿いに設置されています。

(国土交通省道路局ホームページ 道の相談室より引用)

名称 房総フラワーライン 菜の花(ぼうそうフラワーライン なのはな)
所在地 〒294 - 0311 千葉県館山市~南房総市
開催期間 2021年1月下旬~2月下旬
開催場所 千葉県館山市 房総フラワーライン
交通アクセス JR内房線「館山駅」から洲の崎方面のJRバス「南房パラダイス」ほか下車、または富津館山道路「富浦IC」から車約40分
料金 無料
問合せ先 館山市観光協会 0470-22-2000
ホームページ http://tateyamacity.com/archives/292

出典:館山市観光協会
日本の道100選(房総フラワーライン) | 館山市役所







-房総フラワーライン, 遊び・観光
-, ,

Copyright© 千葉タウン情報 , 2021 All Rights Reserved.