成田山新勝寺 梅の名所 神社・仏閣

第59回「成田の梅まつり」

投稿日:

第59回「成田の梅まつり」

春の息吹を感じる恒例の梅まつり

成田山新勝寺境内の大本堂後方に広がる16万5千平方メートルの大庭園、成田山公園で行われる恒例の梅まつり。平均樹齢70年を超える約500本の紅梅や白梅の花々が可憐に咲き誇り、参拝客の目を楽しませている。期間中の土日は、公園内の西洋庭園において津軽三味線、箏・尺八、二胡等の伝統音楽の演奏会や、観梅の投句コンテストも開催。3月7日(日)には成田山大本堂前広場周辺で、職人達が氷柱をさまざまな形に作り上げる過程が見られる「氷の彫刻展」を開催。

成田の梅まつり イベント

成田の梅まつりは、2月20日(土曜日)~3月7日(日曜日)の約2週間にわたり開催されます。
期間中の各土・日曜にはイベントを開催いたします。

※例年開催の「観梅の野点」および「甘酒進上」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、今回は中止。

成田に春の訪れを告げる梅の花を、じっくりとご堪能ください。
大勢の皆様のご来場を、心よりお待ちしています。

成田山公園の梅

成田山新勝寺大本堂の奥に広がる風光明美な成田山公園では、四季折々の草花や風景を楽しむことができます。成田山公園には、平均樹齢70年を超える約500本の紅梅や白梅が植えられています。
例年2月中旬~3月中旬にかけて咲き、公園は梅の香りでいっぱいになります。

蝋梅(ロウバイ)

 

成田山公園の中で、ひと足先に春の訪れを告げるのは“蝋梅”です。

ロウバイ科ロウバイ属に属しており、黄色の花を咲かせます。英語では“winter sweet”といい、小さいながら、寒い冬の季節にパッと明るく咲くたくましい花で芳香な香りを漂わせます。

名前の由来は諸説あり、蝋細工のようで梅に似ていることから「蝋梅」と付けられたという説や、中国から来た花で中国名でも「蝋梅」であるということからつけれらたという説、旧暦12月(臘月〔ろうげつ〕)に咲く花という意味でつけられた説などがあります。

種類は、素心蝋梅(ソシンロウバイ)、満月蝋梅(マンゲツロウバイ)、和蝋梅(ワロウバイ)などがありますが、よく栽培されているのはソシンロウバイです。
他のロウバイは花の内側が赤色をしているのに対し、ソシンロウバイは花の内側が黄色いのが特徴です。

花言葉は、「先導」「先見」「慈愛」「優しい心」。

成田山公園にも蝋梅が植えられており、例年紅梅や白梅よりも早く開花しています。

ひと足先に春を見つけてはいかがでしょうか?

紅梅、白梅

成田山公園の梅は老木が多いので、派手さはなくとも全体としてしっとりと趣ある花々をお楽しみいただけます。起伏の多い公園内の中でも大本堂に向かって右側の、公園入口周辺の梅がいち早く花を咲かせます。

文殊の池 上にある梅林周辺は、公園内でも比較的冷え込みが厳しいため、開花は例年2月下旬から3月に入ってからとなることが予想されます。

花言葉は、「高潔な心」「高潔」「潔白」「澄んだ心」「忠義」。

別名「春告草(はるつげぐさ)」ともいわれる梅の花。寒風にさらされながらも、たくましく咲く可愛らしい花を愛でに是非お出かけ下さい。皆様のご来園を心よりお待ちしています。

開催場所 成田山公園
開催日 2021年2月20日(土)~3月7日(日)
期間中の土日にイベントを開催 ※雨天中止。天候の他、新型コロナウイルス感染拡大の状況により変更、中止となる場合があります。
開催時間 10:00〜15:00
電話番号 0476-22-2102  成田市観光協会
住所 千葉県成田市成田1 成田山境内
交通アクセス 【電車】JR成田駅、または京成電鉄京成成田駅から徒歩10分 【車】東関東自動車道成田ICから約10分
駐車場 300台  800円/1台
弘恵会土屋駐車場、弘恵会田町駐車場、弘恵会本町駐車場。その他近隣に有料駐車場あり
ホームページ 公式ホームページ

 







-成田山新勝寺, 梅の名所, 神社・仏閣
-,

Copyright© 千葉タウン情報 , 2021 All Rights Reserved.